ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

近視とレーシック

近視とは 近視の原因

近視とは目の焦点が合わないために、遠くのものがぼんやり見えてしまうととです。光の焦点が網膜よりも手前になってしまうことで起こります。

近視には目のピントを合わせるための屈折率が通常より強いことでおこる「屈折性近視」と網膜よりも前で焦点があってしまうためにおこる「軸性近視」があります。

原因ははっきりとしたことはわかっていませんが、遺伝的な要素が強いといわれています。ただ近年、近視のこどもが増加していることを考えると、生活習慣などの環境的な影響による原因も大きいのではないかと考えられています。

レーシックとは

近視の対処法としてはほとんどの場合「めがね」「コンタクトレンズ」が一般的です。

ただし、めがねやコンタクトレンズは当然ながら使用し続けなければいけないのが難点です。

近視の治療法として最もポピュラーなものとしてレーシックがあります。

レーシック(Laser in Situ Keratomileusis)とは、屈折がおかしくなっている角膜の形状を変えることによって屈折率を修正し、視力を回復させる方法のことです。

レーシックの手術法もいくつかありますが、最近では技術も進歩し、数十分の手術で、入院も必要なくなっています。

回復の度合いは個人差がありますが、早い人は翌日に視力の回復を実感するようです。

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらい以外の目の病気 」の記事一覧
結膜炎
白内障
近視とレーシック
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹