ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

ものもらいの症状

ものもらいは目の病気の代表的なものです。2種類のものもらいの症状についてまとめました。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の症状

ものもらいの症状ものもらいのひとつである麦粒腫の症状は、主にまつ毛の根元あたりのまぶたの一部が赤くはれて、はじめはかゆみを感じます。そして次第に痛みを伴うようになってきます。ときには、同じ側の耳たぶの付け根のリンパ節も腫れてくることもあります。

また、まばたきすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、まぶたが赤く腫れるといった症状がも出てくることもあります。

炎症が強くなってくると、赤みや腫れ、痛みが強くなります。化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かっていきます。

麦粒腫は炎症がおさまれば数日で治ります。


霰粒腫(さんりゅうしゅ)の症状

もうひとつのものもらいである霰粒腫は、まぶたに小さなしこりを感じます。触るとコリコリとしますが、痛みは通常ありません。しかし、細菌に感染してしまうとまぶたが赤く腫れ、痛みを伴うこともあります。

炎症を伴った場合は麦粒腫と似た症状が出ることがあり、区別がつきにくくなることもあります。

霰粒腫は、麦粒腫とは異なり、そのままの状態で放っておくと同じ状態のまま何ヶ月も続くこともあります。

また、霰粒腫とよく似たもので癌であることがあります。高齢の方でこのようなものができた時は、早めに眼科を受診する必要があります。 

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらい基礎知識 」の記事一覧
目のしくみ
ものもらいの原因
ものもらいの症状
ものもらい予防対策
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹