ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

ものもらいの呼び方って様々?

ものもらい 様々な呼び方ものもらいとは、麦粒腫と霰粒腫の2種類の目の病気を総称した呼び方です。

しかし、日本では「ものもらい」という呼び方以外にも様々な呼び方があります。「ものもらい」という呼び方は、「よその家から食べ物をもらうと治る」という言い伝えがもとになっているようです。

「ものもらい」のほかに、「めいぼ」、「めばちこ」、「めばち」、「めっぱち」、「めこじき」、「めぼう」、「めぼ」、「めっぱ」、「のめ」、「のんめ」など、地域や方言によっては呼び方が異なります。

「ものもらい」という呼び方は東日本を中心に使用されているようです。関東地方や東北地方、鹿児島県などでは「ものもらい」と呼んでいる方が多いようです。

「めばちこ」という呼び方は関西方面で多い呼び方です。大阪府、兵庫県、奈良県などでは「めばちこ」が一般的なようです。

「めっぱ」という呼び方は北海道で多い呼び方です。

そのほかの変わった呼び方では、佐賀県で「おきゃくさん」、熊本県で「おひめさま」「おひめさん」、沖縄県で「みいんでえ」「おともだち」などというものがあります。

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらいQ&A 」の記事一覧
ものもらいはうつる?
ものもらいの呼び方って様々?
ものもらいで眼帯は必要?
すぐに治らない「ものもらい」?
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹