ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

ものもらいの手術

ものもらい 手術ものもらいでも自然に治ってしまう軽いものから、手術を必要とするものまで様々です。では、ものもらいの手術とはどのようなものなのでしょうか。

ひどくなったら必ず眼科を受診しましょう。膿を出そうと自分で針などでつついたりするのは危険ですからやめましょう。また、そこから細菌が入り込み、かえってものもらいが悪化してしまう場合があります。

麦粒腫は、まぶたの中に細菌が入り込み、炎症を起こして腫れるものです。点眼薬や軟膏で治ることがほとんどですが、膿(うみ)が大量にたまってしまった場合や、しこりが残ってしまった場合、ひどい痛みがある場合は手術をすることもあります。

霰粒腫は、まぶたの中に脂肪がたまって炎症を起こし、しこりとして感じるものです。通常は痛みやかゆみを感じることはないようです。しかし、異物感があって不快に感じたり、見た目が目立ったり、ときどき赤く腫れたり、視力に影響が出る場合は、手術で取り除いてしまうこともあります。

ものもらいの手術は、局所麻酔の注射をまぶたにして、まぶたの裏側、あるいは外側から切開します。皮膚は切開しませんので傷跡は残りません。また、局所麻酔をかけているので手術そのものは痛くありません。

手術の時間は一般的には5〜30分程度です。術後、局部麻酔が切れると痛む場合があります。術後はまぶたに内出血のあおあざができることがありますが、1週間ほどで治ります 。

もともと麦粒腫(ものもらい)になりやすい体質の方は、手術後も再発したり、他の場所に発症することがあります。

手術後は医師の指示通りの生活を送りましょう。(洗顔や洗髪をしないように指示される場合が多いです。)

また、普段コンタクトレンズを装着している方は、術後しばらくの間は使用しないようにしましょう。

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらいになったら 」の記事一覧
ものもらいの治療法
ものもらいの手術
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹