ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

目のしくみ

目のしくみ

目は五感のひとつである視覚をつかさどります。目は様々なものの色や形を光の情報として取り入れることができます。わたしたちは外界のほとんどの情報を目から取り入れているのです。

では、そのような大切な目のしくみ、構造はどのようになっているのでしょうか。

目の全体は眼球とも呼ばれます。眼球は直径約2.5センチの球形をしており、目の前部にはっきりとした膨らみがあります。眼球は(眼窩・がんか)という骨のくぼみの中におさまっていて、視神経で脳に連絡しています。眼球表面は強膜、角膜、脈絡膜の3層の組織でできています。

・強膜(きょうまく)
いちばん外側の強膜は、外部からの刺激から目を守る働きをしていて、目の表面の約6分の5を覆っており、眼球前部の膨らみを覆っている透明な角膜につながっています。俗に「白目」といわれる部分です。

・角膜(かくまく)
強膜の続きで眼球の正面に当る角膜は、丈夫な5層でできた厚さ約1ミリの透明な膜です。光を屈折させるレンズの働きをします。光は角膜を通って目の中に入るようになっています。

・脈絡膜(みゃくらくまく)
脈絡膜は眼球の中央部にあり、眼球の後ろの部分の5分の3を内側から覆っています。色素が多いために黒い色をしています。脈絡膜は瞳孔以外から光が入らないようにする暗幕の働きと、眼球に栄養を与える役目があります。

目のしくみ2

・虹彩(こうさい)と瞳孔(どうこう)
虹彩は角膜を通して虹彩は、日本人の目の場合は茶色に見える部分です。中心に瞳孔があり、外から眼球に入る光の量を加減します。その中央には瞳孔とよばれる円形の穴があいています。虹彩の中央部は穴があいていて瞳孔といいます。 いわゆる黒目の部分です。瞳孔の周縁にある筋肉がちぢむと瞳孔が大きくなり、ゆるむと小さくなって目にはいってくる光の量を調節しています。

・毛様体(もうようたい)
毛様体は虹彩からつづいている組織で、血管と筋肉が豊富にあります。 毛様体の筋肉は伸縮することによって水晶体の厚さを変化させることができます。遠くを見たり、近くを見たりするときのピント合わせをしています。これは、自律神経のはたらきによって自動的に行なわれます。

・水晶体(すいしょうたい)
水晶体は多くの透明な線維が層状にならんでできた、つぶれた球の形をした器官で、毛様筋という水晶体をかこむ環状の筋肉に靭帯(じんたい)によってつながっています。毛様筋とこれをかこむ組織が毛様体をつくり、毛様筋の働きで水晶体は平らになったりほぼ球形になったりします。水晶体はカメラのレンズにあたり、厚くなったり薄くなったりしてピント合わせをしています。

・硝子体(しょうしたい)
硝子体は水晶体の後方の眼球内容の大部分を占め、無色透明のゼリー状をしています。硝子体は目の中の代謝物質の通り道、目に対する外力をやわらげる作用などがあると考えられており、眼球の形と弾性を維持しています。

・網膜(もうまく)
網膜には赤、緑、青の3色にそれぞれ反応する3種類の細胞と、薄暗いところでも敏感に反応する白黒系の細胞とが複雑に配置されていて、微妙な色具合や明暗、光の強弱などがわかるしくみになっています。

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらい基礎知識 」の記事一覧
目のしくみ
ものもらいの原因
ものもらいの症状
ものもらい予防対策
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹