ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |

ものもらいの原因

ものもらいの原因

ものもらいはまぶたが赤く腫れ、痛みやかゆみを伴う目の病気ですが、ものもらいには2種類あります。2つの目の病気を総称してものもらいと呼んでいます。しかし、この2つの目の病気は原因、症状、治療法もそれぞれ異なります。

ひとつは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれるものもらいです。まぶたには脂や汗の分泌腺や毛穴がありますが、その小さな穴から細菌が入っておこる急性の化膿性炎症で、おもに黄色ブドウ球菌という細菌によっておこります。

黄色ブドウ球菌は、化膿性疾患の代表的な原因菌ですが、私たちの生活環境のさまざまなところに存在しています。化膿した傷やにきびばかりではなく、健康な人の喉や鼻の中、皮膚、手指、毛髪、腸管、動物の皮膚、ホコリなどなどにも高率に分布しています。顕微鏡で見ると、球形をした菌がブドウの房のように連なった形をしています。

一般的には、この麦粒腫と呼ばれる目の病気をものもらいということが多いようです。

もうひとつは霰粒腫(さんりゅうしゅ)と呼ばれるものもらいです。霰粒腫は、まぶたのなかにできるやや硬いできものです。脂の成分を出す瞼板腺の(マイボーム腺がつまって、その周囲に慢性の炎症がおき、なかにかゆ状の分泌物がたまったものです。

霰粒腫は麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。マイボーム腺はまつ毛の生え際近くに開口部がありますが、その開口部が炎症などで詰まることによって起こります。

ものもらい関連商品を楽天市場で検索!


▼同カテゴリー「 ものもらい基礎知識 」の記事一覧
目のしくみ
ものもらいの原因
ものもらいの症状
ものもらい予防対策
 
ものもらい治療法TOP | ものもらい基礎知識 | ものもらいになったら | ものもらいQ&A | ものもらい以外の目の病気 | リンク集 |
[PR] 豊胸 手術 老眼 治療 バストアップ セルライト マッサージ マイクロダイエット 主婦湿疹